AirTrip(エアトリ)、アプリで新たに「国内宿泊」「海外航空券」「民泊」の販売開始。ポイント還元常時7%に。

オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を手掛ける株式会社エボラブルアジアは4月6日、当社の総合旅行サービスプラットフォーム「AirTrip(エアトリ)」のiOS、Androidのアプリ、Webサイトにて主力サービスの「国内航空券」の販売に加え、新たに「国内宿泊」の販売を開始し、個別サイトとしてプレオープンしていた「海外航空券」、「民泊」サイトをAirTrip(エアトリ)アプリ・サイトに統合、また、4サービスで共通のエアトリポイントの付与を開始したことを公表した

AirTrip(エアトリ)は、2016年11月にサービスを開始した総合旅行プラットフォームだ。ポイント還元率が高いという特徴がある。各サービスの利用後にたまったポイントは共通ポイント、航空マイル、ギフト券、電子マネー各社のポイントなど120以上のサービスで利用できる。海外航空券での利用は4月下旬を予定している。

同社は今年1月に民泊CtoCプラットフォーム、3月に海外航空券予約販売サイトをプレオープンしていたが、それらをAirTrip(エアトリ)アプリ・サイトに統合した。これにより、アプリ上で「国内航空・宿泊」、「海外航空券」、「民泊」の購入が可能となった。

また、国内宿泊予約では業界最大級の7%のポイント還元を開始した。各種ポイントへ交換可能なエアトリポイントを全旅行商品で還元し、新たに販売が開始された「国内宿泊予約」においては業界初・業界最大級となる常時7%還元を実施する。このほか、「国内航空券」は2%、今回アプリ・サイトに統合された「海外航空券Webサイト」、「民泊CtoCプラットフォーム」においてもエアトリポイントの1%付与を開始した。

【参照リリース】「国内宿泊」「海外航空券」「民泊」をAirTrip(エアトリ)アプリ上で本日から販売開始
【サービスサイト】AirTrip|スマートフォン用アプリサービス開始!
【サービスサイト】AirTrip(エアトリ)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai