民泊ホストのルーティン作業を自動化する「AirHost Webサービス」リリース

民泊の運営代行を行っている合同会社エアホスト(以下:AirHost)は9月26日、Airbnbホストのルーティン作業を自動化するAirHost Webサービスをリリースすることを公表した。

自動化できる作業は、1時間以内の自動返信、定型メッセージ送信、清掃手配、料金の設定、割引の適用等の日々の作業である。これらを自動化することにより、ホストの負担が軽減できるほか、ミスのない確実な運用が実現できるという。

このほか、様々な可視化ツールを提供しており、「横串し予約カレンダー」、「稼働率マップ」、「清掃カレンダー」、「月毎の収支レポート」を利用すれば毎月のデータを分かりやすく確認・分析できる。

「横串し予約カレンダー」では、複数アカウントの全物件の予約カレンダーを確認可能で、Airbnbへのログイン・ログアウトを繰り返す必要がなくなる。

「稼働率マップ」では、ヒートマップで全物件の稼働率を確認可能であり、フィルタ条件でテコ入れの必要な物件を簡単に洗い出せるようになっている。

「清掃カレンダー」では、全物件の清掃スケジュールをカレンダー表示。清掃業者・担当者への割り当ては、自動か手動かを選ぶことができる。新規予約・変更・キャンセル時は、クリーナーに自動で通知する。

「月毎の収支レポート」では売上データを自動取得して分かりやすいレポートにまとめる。コスト情報を入力することで、収支を正確に確認できるようになる。

運用代行業者を利用していない個人ホストでも利用できるサービスであり、ベータ版は先着50名まで無料で利用できる。清掃担当への連絡など決まったルーティン作業を自動化することで、ゲストとのコミュニケーション等に注力できる。AirHostは、今後、同サービスの利便性をさらに高める見通しだ。

【参照リリース】【新サービス】Airbnbホスト向け Web サービスをリリース – 「メッセージ送信」・「清掃手配」・「割引」を自動化! 「収支レポート」など多くの機能を提供!

(MINPAKU.Bizニュース編集部平井真理)