民泊ホストのルーティン作業を自動化する「AirHost」がバージョンアップ。メッセージ管理機能を追加。

運用代行サービスを提供する合同会社エアホスト(以下:AirHost)は1月18日、Airbnb民泊ホストのルーティン作業を自動化するwebサービスAirHostをバージョンアップし、「メッセージ管理」機能を追加したことを公表した。

AirHostは同社のノウハウをシステム化したもので清掃担当への連絡など、ホストが日々行っているルーティン作業を自動化するサービスである。Airbnbに複数アカウントを保有している場合でも一元管理が可能だ。

新たに追加された「メッセージ管理」では問い合わせ時、予約確定時、チェックイン前日、チェックイン日、チェックアウト前日、レビュー登録のお願いなど、様々なタイミングで事前設定したメッセージをシステムが自動送信する。アカウントごとのログイン・ログアウトの手間が省け、ゲストとのメッセージのやり取りや事前承認等を一括してAirHostサイトから行うことが可能となる。

このほか、「横串し予約カレンダー」、「稼働率マップ」、「清掃カレンダー」、「月毎の収支レポート」を可視化ツールとして提供しており、毎月の売上データを分かりやすく確認・分析している。

バージョンアップされたAirHostは、ベータ版で先着200名まで無料で利用できる。

現在、AgodaやAsiaYoなど、Airbnb以外のサイトとの一元管理についての準備と共に、その他の機能強化も予定されている。ルーティン作業を自動化することで、ゲストとのコミュニケーション等に注力できるようにすることを目的としたサービスであり、今後の利便性の向上が期待される。

【参照リリース】【新機能リリース】「メッセージ管理」機能を追加! 他チャネル(Agoda、AsiaYo等)との連携機能ももう間もなく!
【サービスサイト】AirHost Web サービス

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)