民泊運営業務一括管理システムAirHost、販売代行プログラム参加者募集開始

Airbnbの運営業務を一括管理するツール「AirHost」を手掛ける株式会社AirHostは3月30日、同社が運営する2つの自動化ツールの「販売代行プログラム」への参加募集を開始したことを公表した

同社が運営する「AirHost」では「Airbnbホスト向け運営自動化ツール」と「Airbnb清掃業者向け一括管理システム」の2つのサービスを行っている。現在Airbnb以外にもAgoda、AsiaYo、TripAdvisor等のチャンネルにも対応している。

販売代行プログラムは、すでに十数の企業、個人と契約しており、導入物件数は1,300件を超えている。参加が推奨されるのは、不動産コンサルタント、セミナー開催・ホームページなどで民泊を始めるホストとのつながりが多い方、運用代行業者や清掃業者と知り合いが多い方としている。

販売代行プログラムに参加する際には登録料などはかからず。紹介で10%、紹介者へ初月サポートをする場合は30%が毎月ライセンス料金から支払われる仕組みだ。

販売するシステムの利用料は、利用者が導入しやすいよう安価に設定されており、契約初月は無料のお試し期間となっている。2か月目からは、「民泊運営者向けサービス」で運用物件3件以下は無料、4件で3,000円、10件で20,000円となっており、それ以上の件数についても価格が設定されている。また、「清掃業者向けサービス」は、清掃物件100件までは40,000円、101~200件までは50,000円、201~300件までは60,000円、301~400件までは70,000円、401~500件までは80,000円となっている。

なお、都内であればAirHostのスタッフが紹介者に直接説明に伺うサポートも用意されており、企業に限らず、時間をさけない個人でも気軽に参加可能だ。

【参照リリース】AirHost Webサービスの販売代行プログラム開始!
【コーポレートサイト】AirHost(運用業者向け)
【コーポレートサイト】AirHost(清掃業者向け)

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)