民泊ホスト向けWebサービス「AirHost」がAgoda、AsiaYoとAPI連携

民泊ホスト向けWebサービスを手掛けるAirHostは5月31日、「Agoda」「AsiaYo」のAPI公式接続パートナーとなったことを公表した

AirHost Webサービスはホストが日々行っている様々なルーティン作業の自動化ツールだ。これまでiCalを使って連携していた「Agoda」「AsiaYo」においてAPIによる連携が可能となった。これにより、予約カレンダーと清掃カレンダーのみの機能利用に、価格同期や自動メッセージなど様々な機能が加わる。

例えば、価格の自動調整においてはAirbnbの価格を100%としたときに、それぞれのチャンネルで何%にするかをあらかじめ決めておくと、日々その割合が適用され、値付けを自動で行うことができるようになる。

AirHostは同連携により稼働率・宿泊単価を大幅に向上し、予約率が平均30%アップすると見込んでいる。

なお、iCal連携であれば、現在Agoda、AsiaYoの他にHomeaway、Flipkey、Expediaが連携可能となっている。また、2017年6月ころにExpedia、途家を、7月ころに自在客を、8月頃にBooking.comを接続予定だという。

【参照リリース】AirHostのWebサービス、Agoda,AsiaYoとAPI公式接続パートナーへ!

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)