Airbnb、世界初のコミュニティハウス「吉野杉の家」をオープン

民泊世界最大手のAirbnbは12月6日、世界初のコミュニティハウスとなる「吉野杉の家」を奈良県吉野郡吉野町にてオープンしたことを公表した。

「吉野杉の家」は、「Samara(サマラ)」が地域活性化の取組みとして初めて企画をし、吉野町とともに作り上げた初めての物件だ。最大7人が宿泊可能な2階建ての建築であり、杉材をふんだんに用いている。建築家、長谷川豪氏の設計によるもので、コンセプト設計から最終的な建築まで、すべての段階で地元の技と人を確実に取り込んでいるという。この地域ならではの家づくりの手法を活かし、代々森を守ってきた人たちや製材業者、地元の大工さんたちなど吉野で林業に携わるすべての人を巻き込む形で建築した。この「吉野杉の家」に滞在することで、町の豊かな歴史や伝統の職人技を学び、地域コミュニティへの理解を深めることが可能となった。

「Samara(サマラ)」はAirbnbが様々なイノベーションを起こすプロジェクトを起案・遂行するために社内に立ち上げた専門デザインスタジオだ。Airbnbでは今回の取り組みのように、地域に継続的に観光客が訪れ、活気を取り戻して成長の可能性を生み出せるよう、引き続き新たな道を探る見通しだ。

【参照リリース】Airbnb、日本の伝統を形にした「吉野杉の家」オープン
【関連記事】Airbnb、デザインスタジオ「Samara」設立、日本にて第一弾となる地方活性化プロジェクトを遂行

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)