Airbnb、「トリップ」の地域に大阪追加、東京に新機能「ガイドブック」追加

世界最大手民泊サイトのAirbnbは3月21日、日本のトリップ・プラットフォーム(以下:トリップ)を拡張し、東京に加え、大阪での「体験」(英語表記:Experiences)のサービスと、東京の「ガイドブック」(英語表記:Guidebooks)の機能を追加することを公表した

「トリップ」は、2016年11月に追加されたAirbnbならではのサービスである。リスティングを検索するだけでは知ることができない、よりローカルな情報を引き出すことが可能であり、これにより宿泊だけではなく滞在先のアクティビティを併せて提供している。

これまで、日本での「トリップ」提供可能地域は東京のみであったが、今回新たに大阪が加わった。現在、東京の「体験」数は約100、大阪は約10となっている。

トリップ「体験」において、東京はパリに次いで世界で2番目の人気を誇る。提供されている「体験」の数は、11月の始動時からこれまでに60%以上増加。体験の平均額は1人あたり91米ドルであり、91%が5つ星の評価を受けている。現在、世界13都市で800を超える「体験」の予約を受け付けているが、2017年には51都市にまで増やす見通しだ。日本においては、東京に次いで2番目に人気の都市、大阪が選ばれた。

大阪の「体験」では、和紙作りや、ヨガ、ポールダンスや包丁研ぎなどに挑戦できる。

また、東京において新たに追加される「ガイドブック」では、50人のエキスパートのおすすめを、約450か所の情報と共に紹介する。

例えば、「自転車愛好家」に向けての「ガイドブック」では、職人手作りの自転車やオリジナルの部品を販売するテンプラサイクルショップのカリスマ店員、小林健太氏がハイセンスなファッションや自転車愛好家の集まるホットスポットなどを紹介する。また、最上級の自転車店や整備士についての情報も収集可能だ。

3月末までに、世界12の都市で470の「ガイドブック」の提供を開始する予定だ。東京や大阪での現地の体験を発見することで、国内外の観光客と地元コミュニティのつながりをより深めたい考えだ。

なお、同日の記者発表会では、Airbnbの共同創設者兼CPO兼執行役員であるジョー・ゲビア氏による講演の後、日本のホストとのトークセッション、質疑応答が行われた。

ジョー・ゲビア氏

ジョー・ゲビア氏は今回の来日にともない実際に日本のAirbnbホストの施設で盆栽の体験を行い、Airbnbのアプリ、プラットフォームがあったことで、歴史、文化、道具などについて学ぶことができたと話した。

また、質疑応答の際、ジョー・ゲビア氏は2020年の東京五輪については、Airbnbが宿泊施設の確保に貢献したリオ五輪と同様の効果を期待していると述べた他、ゲストの日本に対する需要は増え続けているため、できる限り早く拡大したいと考えており、今後も拡大予定であるとした。

旅については、人が旅を通してどのような人間になるかという点が重要であり、日本に関してはこの国がもつ素晴らしい文化をグローバルネットワークにつなげたいとし、ジョー・ゲビア氏からは熱意をもってAirbnbを拡大していく姿勢が感じられた。

【参照リリース】Airbnb、日本のトリップ・プラットフォームを拡張

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai