Airbnbがインド航空会社のJet Airwaysと提携。インド市場のゲスト獲得強化へ

民泊最大手サイトのAirbnbが、インド航空会社大手のJet Airways(ジェットエアウェイズ)と提携したことが分かった。インドの航空業界として初となる。

Jet Airwaysは、成長を続けるAirbnbのホストコミュニティを活かして国内外へ旅行する顧客に対してより多くのユニークな選択肢を提供する。また、今回の提携に伴い5組に同社の航空券とAirbnbのクーポンがセットで当たるコンテストを9月1日まで実施するという。

このパートナーシップによりJet Airwaysはサービスの差別化を図ることができる。また、一方のAirbnbもユニークな体験を求めているインドの好奇心旺盛な新しい世代の旅行者と関係を深めることができ、双方にとってメリットが大きい。

他にもAirbnbがインドで行う取り組みとしては、インド地方部の自営女性を支援する団体SEWA(Self Employed Women’s Association of India)と覚書を交わし、Airbnbのプラットフォームを通じてインド人女性に新たな経済活動へのアクセスやホスト・トレーニングを提供し、女性の自立を支援している。

今までほとんど観光客が訪れていないインドの農村地帯でホストコミュニティを整備し、ゲストを呼び込むことは、未開の地でホテル業界や他の民泊プラットフォームに先行することができるため、Airbnbの地盤固めをする上でも意義深いものだ。

中国に次ぎ世界第二位となる12億人の人口を抱え、毎年7%以上のスピードで急速に経済成長を遂げている巨大で有望な市場であるインド。広大な国土に数多くの民族が暮らし、多様な文化や自然、ムンバイのボリウッドに代表されるエンターテイメント等の魅力に溢れ、インバウンドとアウトバウンド両方で可能性は計り知れない。

Airbnbは以前から進めている女性の自立支援と農村部ホストの育成、そして今回の航空業界との協業によりユーザー拡大を促進させ、様々な角度から着実にインド戦略を進めている。

【参照サイト】Jet Airways to offer unique stay experience with Airbnb

(MINPAKU.Bizニュース編集部)