民泊物件の売上管理サービス「Air Profits」開始

アプリ及びウェブ開発を手掛けるサムライ・インターナショナル株式会社は7月28日、民泊物件の売上管理ができるサービス「Air Profits(エアープロフィッツ)」の開始を公表した。

「Air Profits」は、民泊を運用する不動産会社、運用代行業者及び個人オーナー向けのサービスであり、売上分析・予約率の管理作業を数分にまで短縮可能にするというもの。Airbnbサイト内での売り上げや予約率を知ることができる。

複数の民泊不動産を運用する場合、Airbnbにも複数のアカウントが必要となり、個別にログインが必要になるのはもちろん、集計作業に追われてしまう。その作業をAir Profitsが一括で行い、民泊ホストへ「お知らせ」としてデータを送る。データは、PV数と予約数から予約率を算出したもので、米ドルと日本円を分けての表示、リスティングのグラフ化など細やかで実用的な形となって民泊ホストへ提供される。これにより、民泊ホストはリスティングの改善等、次のアクションに速やかに対応できる。

データはスマートフォンで、ベータ版は無料で利用できる。ベータ期間が終了しても、無料会員枠を用意する予定だ。

今後は、売上の管理のみならず、予約やメッセージの一元管理や、Airbnb以外の民泊サイトへの接続対応を予定しており、民泊ホストが気軽に利用できるツールとなりそうだ。

【参照リリース】民泊物件の売上管理サービス「Air Profits」開始  売上分析・予約率の管理作業を数分に短縮可能
【参照ページ】Air Profits

(MINPAKU.Bizニュース編集部 平井 真理)

minpaku_minshuku_kyokai