アメリカの民泊サイト(バケーションレンタルサイト)のまとめ・一覧

アメリカにはAirbnbをはじめとした大手バケーションレンタルサイトが存在しています。バケーションレンタルサイト同士の合併や買収なども多いため、今後も状況は大きく変わる可能性がありますが、サイトが増えるにつれ、今後は民泊ホストもAirbnbだけではなく複数のサイトを活用して集客をする必要性が高まっていくと考えられます。ここでは、アメリカの主要な民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

最大手バケーションレンタルサイト

Airbnb(エアービーアンドビー)

airbnb

Airbnb(エアービーアンドビー)は言わずと知れたバケーションレンタルサービス世界最大手のサービスです。2008年にアメリカのサンフランシスコでスタートしたサービスで、2015年10月時点、世界190ヶ国、34,000都市以上で200万件以上のリスティングが掲載されています。運営会社のAirbnb, Inc.は非公開会社として世界最大級の評価額240億ドル(約2兆9600億円)を誇っており、配車アプリのUber(ウーバー)と並んで「シェアリング・エコノミー」の代名詞とも言えるサービスに成長しています。

日本法人のAirbnb Japanは2014年5月に東京に設立されました。同社の発表によると、2015年11月時点で日本におけるリスティング件数は21,000件で、2015年6月からの最初の1年間で日本で宿泊を提供したホスト数は約5,000名、海外から来たゲスト数は約52万人とのことです。Airbnbを日本で利用したゲストの93%が海外ユーザーで、うちアジアのユーザーは54%と、訪日外国人の宿泊手段として既に多大な実績を持っています。ホスト保証で最大1億円の補償もついており、ホストは安心して物件の貸し出しが可能です。


トリップ・アドバイザーグループのバケーションレンタルサイト

オンライン旅行口コミサイト世界最大手のTripAdvisor(トリップ・アドバイザー)は、買収を通じて傘下に数多くのバケーションレンタルサイトを運営しており、トリップ・アドバイザーの口コミプラットフォームに統合しています。

Flipkey(フリップキー)

FlipKey

Flipkey(フリップキー)は、2007年にアメリカのボストンで始まったバケーションレンタルサービスです。2008年8月に宿泊口コミサイト世界最大手のTripAdvisor(トリップ・アドバイザー)に買収されました。以降はTripAdvisorが提供するサービスブランドの一つとなっています。梟マークで同じみのTripAdvisorの口コミが見れるようになっています。

2015年12月時点で全世界で11,000都市、300,000件の物件が掲載されており、日本の物件は約700件程度となっています。Airbnbと比較すると物件数では劣りますが、予約カレンダーが6カ月分表示されており、少し先の旅行日程でも見やすい点、アメニティの検索機能が充実している点などが特徴です。

TripAdovisorが保有する25のウェブサイトを通じて、月間3億4000万人のユーザー数に対して自社の物件をアピールできる点が魅力です。また、5物件以上を運用する場合、自動リスティング、専門家からのアドバイス・技術サポート、写真掲載数無制限など様々な特典・機能を利用できるようになります。

エクスペディアグループのバケーションレンタルサイト

オンライン旅行予約サイト世界最大手のExpedia(エクスペディア)は2015年の12月、Airbnbに次ぐバケーションレンタルサイト大手のHomeAway(ホームアウェイ)を買収しました。HomeAway(ホームアウェイ)は傘下に複数のバケーションレンタルサイトを抱えていたため、結果としてそれらのサイトが全てExpedia(エクスペディア)グループのサイトとなっています。


HomeAway(ホームアウェイ)

HomeAway

HomeAway(ホーム・アウェイ)は2005年にアメリカのテキサス州オースティンで始まったバケーション・レンタルサービスです。設立以降、急速にユーザー数を拡大し、アメリカやイギリス、フランス、ドイツ、ブラジル、オーストラリアなど各地のバケーションレンタルサービスの買収を進め、2011年にナスダックに上場しました。そして2015年12月、オンライン旅行予約世界最大手のExpedia(エクスペディア)に買収されることが発表されました。

日本版サイトのHomeAway.jpも、もともとシンガポールに本拠を置くtravelmobが2012年に設立したサービスですが、2013年7月にHomeAwayに買収されて以降、HomeAwayファミリーの一部となっています。

2015年12月時点で世界190ヶ国、100万件以上の物件が掲載されており、50の提携サイトを通じて毎月7700万人以上の旅行客にリーチできる世界最大級のバケーション・レンタルサイトとなっています。日本の物件は1,100件以上掲載されており、Airbnbを除く欧米初のバケーション・レンタルサービスとしては最大級の掲載数を誇っています。

Experience(体験)という項目で”Luxury”、”Romantic”、”Adventure”、”Nightlife”などの条件で検索できる点が魅力です。ホスト手数料は一律3%となっています。HomeAwayの2013年の調査によると、上位5%のオーナーの平均売上は56,000米ドル(約670万円)とのことです。


VacationRentals.com

Vacationrentalcom

VacationRentals.com(バケーション・レンタル・ドットコム)はアメリカ発のバケーション・レンタルサービスです。2007年5月、当時約30,000件のリスティングを抱えていた同サービスは、同じバケーション・レンタル大手のHomeAwayによって買収され、HomeAwayファミリーの一員となりました。

HomeAwayの創業者兼CEOのBrian Sharples氏が、VacationRentals.comドメインの購入に3,500万ドルを支払ったと公表したことで「世界で最も高いドメイン代」として話題になりました。以降はHomeAwayのサービスの一部として運営されており、2015年12月時点で日本の物件は約1,100件掲載されています。

VacationRentals.comへのリスティング掲載についてはHomeAwayに一本化されています。50の提携サイトを通じて毎月7700万人以上の旅行客にリーチできる点が魅力です。


VRBO

VRBO

VRBO(Vacation Rentals by Owner)はアメリカ発のバケーション・レンタルサービスで、1996年創業と他社よりもスタートが早く、アメリカ最大手のサービスに成長していました。2006年11月、当時約65,000件のリスティングを抱えていたVRBOはHomeAwayに1億6000万米ドルで買収され、HomeAwayファミリーの一員となりました。以降はHomeAwayのサービスの一部として運営されており、2015年12月時点で日本の物件は約1,100件掲載されています。VacationRental.comへのリスティング掲載についてはHomeAwayに一本化されています。50の提携サイトを通じて毎月7700万人以上の旅行客にリーチできる点が魅力です。


民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を活用した集客をお考えですか?

民泊サイト(バケーションレンタルサイト)への物件掲載をお考えの方は、ぜひMINPAKU.Biz編集部にお気軽にご相談ください。MINPAKU.Biz編集部では、物件の紹介から可能な代行会社や、現在お持ちの保有物件を民泊で運用した場合の収益シミュレーションを無料で提案してくれる代行会社、お近くのエリアのおすすめ代行会社のご紹介などを全て無料で行っております。

MINPAKU.Bizに相談する

(MINPAKU.Biz 編集部)

minpaku_minshuku_kyokai