イギリスの民泊サイト(バケーションレンタルサイト)のまとめ・一覧

イギリスにはトリップ・アドバイザーグループのHoliday Lettings(ホリデー・レッティングス)やアコーホテルズグループのOneFineStay(ワンファインステイ)などのバケーションレンタルサイトが存在しています。ここでは、イギリスの主要な民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

Holiday Lettings(ホリデー・レッティングス)

HolidayLettings

Holiday Lettings(ホリデー・レッティングス)は、1999年にイギリスのロンドンで始まったバケーションレンタルサービスで、イギリス最大手のサービスに成長しましたが、2010年6月に宿泊口コミサイト最大手のTripAdvisor(トリップ・アドバイザー)に買収されました。以降はアメリカボストン発のFlipkeyやスペイン発のNiumbaと同様、TripAdvisorが提供するサービスブランドの一つとなっています。梟マークで同じみのTripAdvisorの口コミが見れるようになっています。

2015年12月時点で、世界150ヶ国以上で43万件以上の物件が掲載されており、うち日本の物件数は160件程度となっています。TripAdovisorが保有する25のウェブサイトを通じて、月間3億4000万人のユーザー数に対して自社の物件をアピールできる点が魅力です。また、5物件以上を運用する場合、自動リスティング、専門家からのアドバイス・技術サポート、写真掲載数無制限など様々な特典・機能を利用できるようになります。


OneFineStay(ワンファインステイ)アコーホテルズグループ

onefinestay

OneFineStay(ワンファインステイ)はロンドン、ニューヨーク、パリ、ロサンゼルス、ローマの5都市の物件のみを扱っているイギリス発のバケーション・レンタルサービスです。取り扱っている物件は立地も良い高級物件が多く、富裕層が長期休暇時に自宅を貸し出しているケースが多いようです。2012年時点で、ロンドンとニューヨークで1,000以上のホストが物件を掲載しており、130ヶ国のユーザーが利用しているとのことです。2016年4月、フランスのホテルグループ大手のアコーホテルズに180億円で買収されました。


StopSleepGo(ストップスリープゴー)

stopsleepgo

StopSleepGoはイギリス・ロンドンに本拠を置くバケーションレンタルサイトです。15年にわたりバケーションレンタルサービスを運用してきた経験から2012年9月にニック・ハーグリーヴズによって設立されました。

2016年2月現在はアジア圏に進出しておりアジアにもオフィスを構え、世界90か国でサービス展開し、5万人以上のホストが登録し、5万件以上の物件を掲載する大規模なサービスとなっています。


民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を活用した集客をお考えですか?

民泊サイト(バケーションレンタルサイト)への物件掲載をお考えの方は、ぜひMINPAKU.Biz編集部にお気軽にご相談ください。MINPAKU.Biz編集部では、物件の紹介から可能な代行会社や、現在お持ちの保有物件を民泊で運用した場合の収益シミュレーションを無料で提案してくれる代行会社、お近くのエリアのおすすめ代行会社のご紹介などを全て無料で行っております。

MINPAKU.Bizに相談する

(MINPAKU.Biz 編集部)

minpaku_minshuku_kyokai