シンガポールの民泊サイト(バケーションレンタルサイト)のまとめ・一覧

現在世界にはAirbnb以外にも数多くのバケーションレンタルサイトが存在しています。バケーションレンタルサイト同士の合併や買収なども多いため、今後も状況は大きく変わる可能性がありますが、サイトが増えるにつれ、今後は民泊ホストもAirbnbだけではなく複数のサイトを活用して集客をする必要性が高まっていくと考えられます。ここでは、シンガポールの主要な民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を一覧でまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

Agoda(アゴダ)

agoda

Agoda(アゴダ)はアジア最大で急成長を遂げているオンライン宿泊予約サービスです。全世界で720,000施設、日本国内では約9,000施設を販売し、39言語でサービスを提供しています。2005年に設立し、2016年現在はシンガポールに本拠地を置いています。2007年11月以降、2015年時点で旅行会社としては収益と時価総額において世界第一位となっているアメリカのプライスライングループの傘下に入っています。

日本においてもAgoda International Japan(アゴダインターナショナルジャパン)として2010年に日本オフィス設立、2015年4月に大阪オフィス設立、2015年7月に福岡オフィス設立、2016年4月に札幌オフィス設立と拡大しています。


Roomorama(ルーモラマ)

roomorama

Roomorama(ルーモラマ)は2009年に設立されたバケーションレンタルサービスで、創業者の Jia En Teo氏とFederico Folcia氏がニューヨークにあった自宅のアパートを既存のサイトを活用して貸し出したのが始まりです。現在はシンガポールに本拠を置き、アメリカ、フランス、タイ、フィリピンへと事業拡大しています。現在世界5,000都市以上で30万件以上の物件を掲載しており、ミドルからハイエンドの物件が中心となっています。

2015年12月調査時点で日本の物件数は約300となっています。Roomoramaによると、2015年現在、Roomoramaのユーザーは平均9泊以上、一回の予約で1000米ドル(約12万円)以上を支払っており、業界の平均を上回っていると報告しており、日本の掲載物件数の少なさも考えると高利回りを期待できるおすすめのサービスです。ホストレビューが”thumbs up”(高評価)、 “thumbs down”(低評価)という形式になっている点が特徴です。2016年3月には中国北京に本拠を多く中国民泊サイト大手の途家との戦略的提携を発表するなど、中国人海外旅行客向けリーチを強化しています。

民泊サイト(バケーションレンタルサイト)を活用した集客をお考えですか?

民泊サイト(バケーションレンタルサイト)への物件掲載をお考えの方は、ぜひMINPAKU.Biz編集部にお気軽にご相談ください。MINPAKU.Biz編集部では、物件の紹介から可能な代行会社や、現在お持ちの保有物件を民泊で運用した場合の収益シミュレーションを無料で提案してくれる代行会社、お近くのエリアのおすすめ代行会社のご紹介などを全て無料で行っております。

MINPAKU.Bizに相談する

(MINPAKU.Biz 編集部)

minpaku_minshuku_kyokai