アジア系の民泊サイトまとめ・一覧

kuala_lumpur_2

今、アジアは世界中の旅行者から熱い視線を浴びています。クレジットカード大手のマスターカードが2015年6月に公表した「世界渡航先ランキング」によれば、世界の人気上位20都市のうち、実に8都市も含まれており、バンコクが2位、7位から11位まではシンガポール、クアラルンプール、ソウル、香港、東京とアジア勢が独占、そして16位が台北、17位に上海、という結果となっています。

また、過去6年間における渡航者数の増加率ランキングでは実に上位10都市中7都市がアジアで占められるという結果となっており、1位はスリランカのコロンボ、2位に成都、4位に大阪、6位に西安、7位に台北、8位に東京、そして10位にホーチミンがランクインしています。

このように各国それぞれユニークなローカル体験が楽しめるアジア諸国は世界中の旅行客から多くの人気を集めており、民泊市場においても更なる成長が期待されています。また、昨今ではアジア諸国の中間所得層、富裕層の増加により、アジアへの旅行だけではなくアジアからのアウトバウンド旅行市場も拡大しており、日本のインバウンド市場もその恩恵を多く受けています。

Airbnbに代表される民泊仲介サイトは、北米やヨーロッパ勢が世界全体をリードしているというイメージが強いですが、アジアからも多くの民泊仲介サイトが出てきています。ここでは、中国・台湾以外の代表的なアジア発となる民泊仲介サイトをご紹介します。(中国発の民泊仲介サイトはこちら

Roomorama(ルーモラマ)

roomorama

Roomorama(ルーモラマ)は2009年に設立されたバケーションレンタルサービスで、創業者の Jia En Teo氏とFederico Folcia氏がニューヨークにあった自宅のアパートを既存のサイトを活用して貸し出したのが始まりです。現在はシンガポールに本拠を置き、アメリカ、フランス、タイ、フィリピンへと事業拡大しています。現在世界5,000都市以上で30万件以上の物件を掲載しており、ミドルからハイエンドの物件が中心となっています。

2015年12月調査時点で日本の物件数は約300となっています。Roomoramaによると、2015年現在、Roomoramaのユーザーは平均9泊以上、一回の予約で1000米ドル(約12万円)以上を支払っており、業界の平均を上回っていると報告しており、日本の掲載物件数の少なさも考えると高利回りを期待できるおすすめのサービスです。ホストレビューが”thumbs up”(高評価)、 “thumbs down”(低評価)という形式になっている点が特徴です。2016年3月には中国北京に本拠を多く中国民泊サイト大手の途家との戦略的提携を発表するなど、中国人海外旅行客向けリーチを強化しています。

Agoda(アゴダ)

agoda

Agoda(アゴダ)はアジア最大で急成長を遂げているオンライン宿泊予約サービスです。全世界で720,000施設、日本国内では約9,000施設を販売し、39言語でサービスを提供しています。2005年に設立し、2016年現在はシンガポールに本拠地を置いています。2007年11月以降、2015年時点で旅行会社としては収益と時価総額において世界第一位となっているアメリカのプライスライングループの傘下に入っています。

日本においてもAgoda International Japan(アゴダインターナショナルジャパン)として2010年に日本オフィス設立、2015年4月に大阪オフィス設立、2015年7月に福岡オフィス設立、2016年4月に札幌オフィス設立と拡大しています。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件探しは民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数2,000件以上。非公開物件メール配信

民泊データはBnB Insight

bnb_recoAirbnb・民泊データ分析の決定版。民泊物件の収益予測、競合物件の稼働率・売上が丸わかり

minpaku_minshuku_kyokai