Airbnb・民泊運用に必須!おすすめのモバイルwi-fi

Airbnb・民泊運用を成功させる上で鍵を握るのはアメニティの充実ですが、その中でも特に重要なのがモバイルwi-fiです。対応するゲストのほとんどが訪日外国人となる民泊運用において、ゲストが日本滞在中に自由に使用できるモバイルwi-fiを用意しているかどうかは予約率の向上やゲストの満足度に大きな影響を与えます。

しかし、それでは具体的にどのようなモバイルwi-fiを用意すればよいのか、用意する上で気をつけておくべき点はないのか、などを気にされる民泊ホスト初心者の方も多いと思いますので、ここではAirbnb・民泊運用におすすめのモバイルwi-fiをご紹介したいと思います。

なぜ民泊運用ではモバイルwi-fiが必須なのか?

なぜ、民泊運用においてそこまでモバイルwi-fiが重要なのでしょうか?これは、日本の無料wi-fiの整備が諸外国と比較して未だに大きく遅れをとっているという点が起因しています。海外では既に公共スペースやレストラン、カフェなどで自由に無料wi-fiを使用できるケースが一般的になっていますが、日本では無料でwi-fiにアクセスできる箇所は一部のエリアに限られるのが現状です。これが日本を訪れる外国人にとって大きなストレスとなっており、端末さえ持ち歩いていればどこでもインターネットに接続できる「モバイルwi-fi」への需要を生み出しているのです。

実際に、総務省と観光庁が2016年1月に公表した「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」結果によると、訪日外国人旅行者が旅行中に困ったこととして、「無料公衆無線LAN環境」が46.6%で最も多いことが明らかになっています。

また、MINPAKU.Bizが独自に実施したAirbnbゲストの過去4万件以上のレビュー分析でも、レビューの中で最も言及されたアメニティは「wi-fi」となっています。(※参考記事:「Airbnbゲストが最も気にするアメニティは?レビュー分析から分かる、大事なアメニティランキング」)実際にゲストが書きこんだレビューを見てみましょう。

“I am very thankful that there is an available wifi that we can use when we roam around tokyo.”(東京中で使えるwifiを用意してくれて本当にありがとう!) from フィリピン人ゲスト

“the location was good, and being able to take the wifi with us was absolutely perfect. I loved my stay here!”(場所は最高だったし、wifiを持ち歩きできたのがほんとに完璧だったわ。ここでの滞在は素晴らしかった!) from アメリカ人ゲスト

“The portable wifi was so useful in this big city!!”(大きな都市では、ポータブルwifiがとても役に立ったわ!) フランス人ゲスト

このように、日本を訪れる外国人観光客にとって、wi-fiは非常に重要なポイントとなっているのです。宿泊する部屋でインターネットが使えることはもちろん、移動中でも自国にいるときと同じように自由にインターネットにアクセスできる環境を提供してあげることは、民泊ホストとして最も大事なおもてなしであると言っても過言ではありません。ぜひモバイルwi-fiをアメニティとして用意してあげましょう。

モバイルwi-fiを置いたら盗まれるのでは?

民泊初心者の方からモバイルwi-fiについてよく聞かれる質問の一つが、「モバイルwi-fiを設置したら、そのまま盗まれてしまうのでは?」という疑問です。結論から言うと、ゲストが旅行中にモバイルwi-fiを紛失してしまうことがありますが、故意に盗むということは基本的にないと思ってよいでしょう。

なぜなら、モバイルwi-fi端末は基本的に日本国内でしか利用できませんので、盗んだところであまり意味がないからです。また、そうした悪質な行為はレビューとしてゲスト自身に跳ね返ってきますので、Airbnbのようにユーザー同士の信用で成り立っているシェアリングプラットフォームにおいては、サービスの仕組み自体が抑止力にもなっています。もちろん、紛失や盗難のリスクはゼロではありませんが、それはどのようなアメニティも同じです。盗難のリスクを考慮してモバイルwi-fiを設置しないというのは、民泊運用の観点から考えて合理的な選択ではありません。

繰り返しになりますが、日本を訪れる外国人にとってモバイルwi-fiはもはや必須のツールといっても過言ではありません。予約率にも関わる大きなポイントですので、民泊運用を成功させたい方は必ず設置することをおすすめします。

民泊用モバイルwi-fiを選ぶ3つのポイント

民泊運用においてはモバイルwi-fiを設置することがいかに重要かをお伝えしてきましたが、次はモバイルwi-fiを選ぶ際の注意点についてご紹介します。日本ではWIMAXやY!mobileなどをはじめ数多くのモバイルwi-fiが存在していますが、一体どのサービスを利用するのがベストなのでしょうか?民泊運用のためにモバイルwi-fiを選ぶ上で絶対に外してはならないポイントは、ずばり下記の3つです。

  1. 通信制限速度がない
  2. 契約期間の縛りがない
  3. 保証システムがある

それぞれのポイントについてご説明していきます。

1. 通信制限速度がない

最初のポイントは、通信制限についてです。これは一番重要なポイントとなります。現状、日本の一般的なモバイルwi-fiサービスは、直近3日間の合計利用通信料が3GBを超えた場合、通信制限がかかるようになっています。中には3日間で1GB以上でも通信制限がかかるプランなどもあります。

なぜ通信制限速度があると問題なのかというと、通信制限速度があるモバイルwi-fiの場合、直前のゲストが動画の大量閲覧などにより制限通信量を超えた場合、次にそのwi-fiを使用するゲストが通信制限により自由にwi-fiを使えなくなる、という問題が発生するためです。実際にこうしたゲストのクレームはAirbnbのレビューにも見られます。

“Unfortunately the wifi was not working – this was hypothesised to be due to previous guests”(あいにく、wifiは使えなかったよ。たぶん前のゲストのせいだろうね。) from オーストラリア人ゲスト

“However portable wifi was bad because it was capped by previous tenants.”(だけど、ポータブルwifiはよくなかった。前のゲストのせいで制限がかかってたんだ。) from オーストラリア人ゲスト

“Be sure to note that wifi is not guaranteed due to previous visitors usage” (前のゲストの利用状況によってはwifiが使えないこともあるから、必ず確認しておいたほうがいいよ)from アメリカ人ゲスト

ゲストのことを考えてせっかくモバイルwi-fiを用意したのに、上記のようなネガティブなレビューを残されると辛いですよね。こうしたゲストの不満を未然に防ぐためには、通信制限のないwi-fiを選ぶことがとても重要なのです。

2. 契約期間の縛りがない

2つ目のポイントは、契約期間の縛りの有無です。一般的にモバイルwi-fiは2年間の契約縛りがついていることが多いのですが、民泊運用のためにモバイルwi-fiをセットアップする場合、確実に2年以上民泊を運用するとは限りません。場合によっては収益が見込めず、半年間で民泊の運用を中止する可能性もあります。将来的には民泊運用から手を引く可能性も考えれば、モバイルwi-fiに契約期間の縛りがないことは大きな利点となります。

3. 紛失・故障時も安心できる保証システムがある

民泊運用のためにモバイルwi-fiをアメニティとして設置する場合、毎日のように異なる外国人ゲストが利用するわけですから、当然ながら我々自身が普段使用するよりも紛失や故障のリスクが高まります。こうした問題が起こったときにも迅速に修理や交換、代替品の用意などに対応してもらえる保証システムがあるかどうかも重要です。

民泊におすすめのモバイルwi-fi比較・ランキング

ここでは、民泊での運用を前提として、上記の3条件をしっかりと満たしているモバイルwifiレンタルサービスの中から、MINPAKU.Biz編集部が特におすすめするサービスを2つご紹介します。いずれも民泊専用のモバイルwifiレンタルで、安心して利用することができます。

サービス名 Famifi 民泊レンタルWi-Fi 民泊wifi
会社名 株式会社ファミリアリンク 民泊レンタルWi-Fi ジェイピーモバイル株式会社
キャリア 国内複数キャリア SoftbBank 4G、4G LTE回線 国内3キャリアLTE回線
使用機種 Softbank 303zt(最新)
製品使用状況 新品
通信速度 最大 下り440Mbps 最大 下り 187.5Mbps
同時接続台数 14台 8台
バッテリー容量 1000時間(スリープ機能無) 1560時間(スリープ機能有)
初期費用 0円 0円 0円
事務手数料 3,000円 4,500円 4,000円
月額費用 3,980円 →特別価格 2,480円(※最大2ヶ月) 4,500円 3,480円(3,980円 ※サポートパック付)
通信制限 なし なし なし
契約期間の縛り なし なし なし
解約違約金 なし(事務手数料5,000円) なし なし(事務手数料3,000円)
1年継続利用時の費用 45,760円 58,500円 45,760円(51,760円)
サポートパック 月額:500円(契約時のみ加入可能) 月額:980円(月額費用に含まれる) 月額:500円(契約時のみ加入可能)
保証 紛失・破損時:10,000円※安心保証加入の場合は交換無料(SIMカードの再発行が必要な場合は、安心保証の有無に関わらず別途4,000円(税抜)が発生)。
故障時:交換無料
紛失時:0円(機器0円・SIMカード4000円・郵送代500円)
破損時:0円
故障時:0円 本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換
紛失時:20,000円→10,000円
破損:20,000円→0円
故障:0円(無料で即日取り替え)
特典 スタートアップキャンペーンで最大2カ月、月額2,480円(税抜) 1500円キャッシュバック
一般社団法人日本民泊管理行協会公認

超高速!業界最安値2,480円~の民泊WIFI「famifi」

民泊専用モバイルWi-Fiルーターのfamifiは、民泊運営代行シェアNo.1のファミリアリンクが手がける民泊WIFIです。月額通信制限なし、契約期間の縛りなし、故障・紛失・破損時の保証という民泊WIFIに必須の3条件はもちろん、下り最大440Mbpsという超高速WIFIを、月額2,480円(最大2ヶ月。その後3,980円)という業界最安値で提供している点が何よりの魅力です。さらに、民泊ゲスト向けの多言語対応(英・中・韓・日)サポートもついており、大変おすすめです。2016年12月からは、民泊以外の用途での使用でも申込が可能となり、法人・個人を問わず誰でも利用可能となっています。

サービス名 Famifi
会社名 株式会社ファミリアリンク
キャリア 国内複数キャリア
使用機種
製品使用状況
通信速度 最大 下り440Mbps
同時接続台数
バッテリー容量
初期費用 0円
事務手数料 3,000円
月額費用 3,980円 →特別価格 2,480円(※最大2ヶ月)
通信制限 なし
契約期間の縛り なし
解約違約金 なし(事務手数料5,000円)
1年継続利用時の費用 45,760円
サポートパック 月額:500円(契約時のみ加入可能)
保証 紛失・破損時:10,000円※安心保証加入の場合は交換無料(SIMカードの再発行が必要な場合は、安心保証の有無に関わらず別途4,000円(税抜)が発生)。
故障時:交換無料
特典 スタートアップキャンペーンで最大2カ月、月額2,480円(税抜)

民泊運営代行シェアNo.1のファミリアリンクが提供

民泊専用モバイルWi-Fiルーターのfamifiは、民泊運営代行シェアNo.1のファミリアリンクが提供している民泊WIFIです。豊富な民泊運営代行ノウハウを基にして、月額費用を最大限抑えつつゲストが喜ぶ超高速の通信環境を提供し、紛失や故障、破損といったトラブルにも完全対応しているなど、民泊ホストのニーズを汲み取ったサービスが魅力です。

超高速の下り最大440Mbps!業界最安値の月額2,480円~

他の民泊WIFIと比較したfamifiの魅力は、何と言っても下り最大440Mbpsという超高速のWIFIを、業界最安値となる月額2,480円~(※最大2カ月。その後3,980円)利用できるという点です。超高速の通信で民泊ゲストの満足度を高めつつ、民泊運用のコストを最大限抑えることができ、複数台の契約が必要な民泊ホストの方にもおすすめです。

安心の多言語(日・英・中・韓)サポート。保証も充実。

famifiでは、民泊ゲストからの問い合わせに対して英語・中国語・韓国語・日本語の多言語対応体制を整えているので、万が一WIFI関連でトラブルが発生した際でも安心です。また、安心保証パック(月額500円)に加入すれは、紛失・破損・故障時にも端末を無料で交換してもらえる点も魅力です。

MINPAKU.Bizから申込で1,500円キャッシュバック!民泊レンタルWi-Fi™

minpakuwifi

民泊レンタルWi-Fi™は、Softbankでも大人気のHybrid 4G LTEに対応した超高速Wi-Fiルーター、「Pocket WiFi 303ZT」を提供する民泊専門のモバイルwifiレンタルサービスです。

契約期間縛りなし、通信量制限なしに加えて、故障時・紛失時の安心サポートパックが月額費用に含まれている点も嬉しいポイントです。さらにMINPAKU.Biz経由の申込で1,500円キャッシュバックキャンペーンも展開していますので、とてもおすすめです。

サービス名 民泊レンタルWi-Fi
会社名 民泊レンタルWi-Fi
キャリア SoftbBank 4G、4G LTE回線
使用機種 Softbank 303zt(最新)
製品使用状況 新品
通信速度 最大 下り 187.5Mbps
同時接続台数 14台
バッテリー容量 1000時間(スリープ機能無)
初期費用 0円
事務手数料 4,500円
月額費用 4,500円
通信制限 なし
契約期間の縛り なし
解約違約金 なし
1年継続利用時の費用 58,500円
サポートパック 月額:980円(月額費用に含まれる)
保証 紛失時:0円(機器0円・SIMカード4000円・郵送代500円)
破損時:0円
故障時:0円 本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換
特典 1500円キャッシュバック
一般社団法人 日本民泊管理業協会公認

民泊レンタルWi-Fi™のここがおすすめ!

1. Softbankでも人気の高い「Pocket WiFi 303ZT」を提供

民泊レンタルWi-Fi™が提供するのはSoftbankでも大人気の端末機種「Pocket WiFi 303ZT」で、Hybrid 4G LTEに対応した下り 最大187.5Mbpsの超高速Wi-Fiルーターなので、ゲストの満足度向上が期待できます。同時接続14台まで可能で、2,700mAhの大容量バッテリーなので、移動中や長時間利用も安心、まさに民泊用wi-fiにぴったりのサービスです。

2. 安心サポートパックは月額費用込み!

民泊レンタルWi-Fiでは、月額980円の安心サポートパックが月額料金に含まれているので、契約時の事務手数料と月額4,500円以外には余計な費用がかかりません。故障時の無期限・無制限修理に加えて、紛失時も6ヶ月以内毎に1回まで無料で対応してもらえるので安心です。

3. MINPAKU.Biz経由の申し込みで1,500円キャッシュバックキャンペーン実施中!

民泊レンタルWi-Fiでは、MINPAKU.Biz経由の申し込みで1,500円キャッシュバックとなるキャンペーンを実施しています。

契約台数3,000台突破!ジェイピーモバイルが提供する民泊WIFI

jpmobile

民泊WIFIは、訪日外国人向けSIM販売などを手がけるジェイピーモバイル社が展開する民泊ホストのための民泊専用モバイルwifiレンタルサービスです。契約期間縛りなし、通信量制限なし、故障・紛失時のサポート(月額500円)という民泊wifiに必須の3条件に加えて、日・英・中による多言語サポート、最短当日発送&翌日お届け、月額3,480円という業界最安値級の価格を強みとして既に契約台数も3,000台を突破しており、民泊WIFIシェアNo.1の製品なので民泊運営初心者の方にも大変おすすめです。

サービス名 民泊wifi
会社名 ジェイピーモバイル株式会社
キャリア 国内3キャリアLTE回線
使用機種
通信速度
同時接続台数 8台
バッテリー容量 1560時間(スリープ機能有)
初期費用 0円
事務手数料 4,000円
月額費用 3,480円(3,980円 ※サポートパック付)
通信制限 なし
契約期間の縛り なし
解約違約金 なし(事務手数料3,000円)
1年継続利用時の費用 45,760円(51,760円)
サポートパック 月額:500円(契約時のみ加入可能)
保証 紛失時:20,000円→10,000円
破損:20,000円→0円
故障:0円(無料で即日取り替え)

民泊WIFIのここがおすすめ!

1. 外国人スタッフによる無料の多言語サポート

ジェイピーモバイルでは、外国人スタッフがゲストに対して無料で多言語サポートを行ってくれるので、ゲスト対応やクレーム対応の手間が必要ありません。英語圏の利用者が多いWhatsapp、中国語圏の利用者が多いWeChatという2大チャットアプリに対応しており、モバイルwifiルーターの故障など緊急トラブルにも迅速な対応を行うことでゲストの満足度を下げません。

2. 安心サポートパック(オプション)

月額500円の安心サポートパックに加入すると、紛失時の費用が20,000円から10,000円に、破損時の費用は0円になります。WiFi故障、紛失保証サービス、緊急代替えルーター発送サービスにより、wifiの故障や紛失など万が一の事態が起こっても安心です。基本月額料金が3,480円と格安なので、サポートパックに加入してもまだ業界最安値級の価格となっています。

3. Airdna Japanが提供する月次レポート(定価5,000円)を1ヶ月間無料提供

Airbnbの地域ごとの稼働率や宿泊単価など、民泊運用に必須のデータが丸裸になる米国初のAirbnbデータ分析サービス、Airdnaの月次レポート(定価5,000円)が1ヶ月間無料で提供されます。民泊で収益を最大化するための価格戦略やアメニティ戦略の立案に活用可能です。


まとめ

いかがでしょうか?繰り返しになりますが、民泊ホストとしてゲストの満足度を高める上で、日本滞在中に部屋や移動先で不自由なくインターネットに接続できるモバイルwifiを用意することはもはや必須の条件となりつつあります。無料のwifi利用に慣れている訪日外国人のゲストは日本人以上にwifiの環境を重要視します。特に英語や中国語など外国語での案内などがまだまだ少ない日本では、常にネットに接続できることが店探しや移動時にとても重要なのです。これから民泊運用をお考えの方は、必ずモバイルwifiを導入するようにしましょう。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

合法民泊投資無料セミナー

スマートデイズ民泊セミナースマートデイズ主催!一棟簡易宿所への投資を無料で学べる!民泊投資情報収集にもおすすめ!

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件なら民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数4,000件以上。非公開物件メール配信

(MINPAKU.Biz 編集部)