【民泊保険】民泊民宿協会「損害補償制度」

minpaku-minshuku-kyokai

一般社団法人民泊民宿協会では、会員向けに損害補償制度を提供しています。同協会の会員になると、一般住宅用の火災保険では適用されない契約者以外の事故が起きた場合にも損害を補償してもらえます。補償金額は、借家人賠償責任が1事故につき最大1千万円、施設管理者賠償責任が1事故につき最大1億円となっています。1日あたりわずか38円という低負担で民泊ゲストに起因する火災や事故などに対する補償を受けられるので、民泊運用における不慮のリスクを抑える上で大変おすすめです。また、補償制度のオプションとして専属オペレーターによるクレーム対応相談室にも相談ができる点も魅力です。

サービス名 損害補償制度
URL https://minpaku-kyoukai.com/member-bonus/
提供会社名 一般社団法人民泊民宿協会
提供会社URL https://minpaku-kyoukai.com//
補償内容 1. 法律上負担した賠償責任
2. 訴訟・仲介・和解の弁護士費用等損害保険会社の合意を得て支出した費用
※補償額は1+2から免責額(会員負担額)を減産したものとなります。
補償金額・免責額 ・借家人賠償責任:1事故につき1千万円
・施設管理者賠償責任:1事故につき1億円
・1事故あたりの免責額:30,000円
※会員への年間総補償額は3億円が上限となります。
料金 ・会費:13,900円
・事務手数料:3,240円

民泊民宿協会「損害補償制度」の特徴

宿泊者が起こした事故の場合の損害を補償

民泊民宿協会の損害補償制度に加入すれば、一般の住宅火災保険では適用されない、契約者以外の事故が起きた場合にも損害を補償してもらえます。民泊ゲストに起因する火災や水漏れ事故などから身を守ることができます。

1日わずか38円の負担!低コストで安心の補償

補償を受ける上で必要となる民泊民宿協会の会費13,900円は、日割計算すると一日あたりわずか38円となり、非常に低コストでハイリターンの補償を受けることができます。

クレーム対応相談室への相談も可能

民泊民宿協会の会員にはこの補償制度のオプションとして、同協会の専属オペレーターが常駐するクレーム対応相談室へ相談することができますので、万が一ゲストとの間でトラブルが発生した際も安心です。

詳細・お問い合わせ

民泊民宿協会が提供する民泊保険サービス内容や料金の詳細についてより詳しく知りたい方は、下記からお問い合わせください。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件探しは民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数2,000件以上。非公開物件メール配信

民泊データはBnB Insight

bnb_recoAirbnb・民泊データ分析の決定版。民泊物件の収益予測、競合物件の稼働率・売上が丸わかり

minpaku_minshuku_kyokai