民泊保険のまとめ・比較

client_2

民泊運用には想定外のトラブルがつきものです。旅館業法や特区民泊といった許認可の有無による法的リスクはもちろんのこと、近隣住民や管理組合とのトラブルや民泊ゲストとのトラブルなど、民泊運用には多くのリスクが存在しています。民泊運用を長期的に成功させるためにはこれらのリスクを最小限に抑える必要があります。そのために、ぜひとも民泊運用のオプションとして検討したいのが民泊保険です。現状、民泊ホストが民泊運用のリスク回避のために活用できる保険サービスは非常に限定されていますので、正しい知識を基にサービスを選択しましょう。

こんな悩みはありませんか?

民泊運用を検討中のホストの皆様からは、よく下記のようなお悩みをお伺いします。

  • 住宅火災など、ゲストの住宅利用に伴うリスクを最小限に抑えたい
  • ゲストが火災や物損などの事故を起こした場合の保険が欲しい
  • 保険会社から、民泊運用する場合は火災保険が適用されないと言われた

自身の物件を利用して民泊運用を開始する場合、特に考慮しなければいけないリスクは宿泊しにきたゲストに起因する火災事故などです。しかし、民泊運用を行う場合は不特定多数の人々が物件に宿泊する形になるため、その物件は事業用途としての「一般物件」や住宅用途と事業用途を併せ持つ「併用住宅物件」という扱いとなり、一般住宅用の火災保険は用途違いとなり適用されません。つまり、もし万が一民泊ゲストが火災を起こした場合、保険が適用されずに大損害を被る可能性があるのです。

民泊の火災リスクは低いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の住宅の仕様に慣れていない海外からの訪日ゲストが毎日のように入れ替わり立ち替わり宿泊しにやってきて、ガスコンロや火の元などを使用する可能性があるわけですから、火災をはじめとする事故の発生リスクは通常の住宅より遥かに高いと言えます。そのため、民泊ホストとして民泊運用を安定的に行うためには、このリスクをいかに最小限に抑えるかが重要となるのです。

こうした民泊ホストのニーズに応える形で、最近では民泊ホスト向けの保険・補償サービスが登場してきています。そこで、ここでは民泊ホストの皆様におすすめの民泊保険をご紹介します。

民泊保険とは?

民泊保険とは、民泊運用を行うホストを対象に、民泊運用において発生する可能性がある火災や事故などに対する補償を提供している保険サービスのことを指します。民泊ゲストに起因する物件の破損や事故への補償、民泊ゲストからホストに対する損害賠償の補償など、民泊ならではのリスクに対応した補償メニューが用意されている点が特徴です。

既にアメリカでは個人向け保険会社大手がホームシェアリング対応の保険プランの提供を開始しており、今後は日本でも新法民泊が施行されるタイミングに合わせて大手保険会社らがサービス提供を開始すると想定されます。

民泊保険のメリット

民泊保険に加入するメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 通常の住宅火災保険ではカバーされない領域の補償が受けられる
  • 民泊サイトが提供するホスト補償ではカバーされない領域の補償が受けられる

通常の住宅火災保険ではカバーされない領域の補償が受けられる

前述の通り、民泊物件の場合は用途の問題により住宅火災保険などが適用されなくなってしまいますが、民泊保険に加入することで、ゲストに起因する火災や水漏れといった万が一のリスクにも対応することができるため、安心して民泊運用を開始・継続することができます。

民泊サイトのホスト補償制度ではカバーされない領域の補償が受けられる

Airbnbをはじめ、一部の民泊サイトではホストを損害から守るためのホスト補償サービスを提供しています。例えばAirbnbの場合、ゲストが物件滞在中にホストの所有物、ユニット、住宅を破損した場合、ホストの被害を補償する「ホスト保証」(最大1億円、こちらは保険ではないため家主や借家人の保険の代用には使えない)、けがや財物破損で第三者にホストが賠償請求された場合に第三者の被害を補償する「ホスト補償保険」などを提供しています。しかし、これらのサービスも火災リスクには対応できていませんし、確実に補償が受けられるわけではありませんので、十分とは言えません。

民泊保険の場合、ゲストに起因する火災や水漏れなどの深刻な破損や汚損に対しても補償が適用されるため安心です。

おすすめの民泊保険サービス一覧・まとめ

現状、日本では民泊ホストのニーズに対応した保険サービスは非常に限定されていますが、ここではその中でもMINPAKU.Bizがおすすめする代表的なサービスをご紹介します。民泊運用のリスクを最小限に抑えたい民泊ホストの皆様はぜひ参考にしてください。

ジェイピーモバイル(引受先:三井住友海上)

jpmobile_hoken

民泊ソリューション大手のジェイピーモバイルでは、民泊事業者を支援する「民泊運営安心サポートパック」の中で、保険大手の三井住友海上を引受先とする民泊専用保険を提供しています。火災や落雷などに伴う室内設備の破損に対する基本補償に加え、オーナーやゲスト・第三者への賠償リスク、近隣の建物への賠償リスクまで民泊に関わるあらゆるリスクをカバーした内容となっています。

また、民泊専門保険に加えて合法民泊運用のための許認可申請アドバイス、トラブル時の通訳サービス、簡易修繕サービスなど受けられるサポートデスクや運用収益最大化に向けた民泊データ解析サービスもパックになっている点も魅力です。保険は三井住友海上が引受先なので安心でき、補償内容はもちろん付随サービスも充実した大変おすすめのサービスです。

民泊民宿協会

minpaku-minshuku-kyokai

一般社団法人民泊民宿協会では、会員向けに損害補償制度を提供しています。同協会の会員になると、一般住宅用の火災保険では適用されない契約者以外の事故が起きた場合にも損害を補償してもらえます。補償金額は、借家人賠償責任が1事故につき最大1千万円、施設管理者賠償責任が1事故につき最大1億円となっています。1日あたりわずか38円という低負担で民泊ゲストに起因する火災や事故などに対する補償を受けられるので、民泊運用における不慮のリスクを抑える上で大変おすすめです。また、補償制度のオプションとして専属オペレーターによるクレーム対応相談室にも相談ができる点も魅力です。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件探しは民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数2,000件以上。非公開物件メール配信

民泊データはBnB Insight

bnb_recoAirbnb・民泊データ分析の決定版。民泊物件の収益予測、競合物件の稼働率・売上が丸わかり

minpaku_minshuku_kyokai