民泊サービスのあり方に関する検討会とは・意味

「民泊サービスのあり方に関する検討会」とは、2015年6月末に閣議決定した「規制改革実施計画」に基づき、厚生労働省および観光庁の共同事務局により開催されている検討会です。第1回は2015年11月27日(平成27年11月27日)に開催されました。外国から日本への訪問者の増加に伴い、宿泊需要も増加している中、人気が高い都市においては利便性の高い宿泊施設から優先して予約され、宿泊施設が満室となり予約できなくなる状況が発生しています。こうした状況から、空室に余裕がある宿泊施設や郊外の宿泊施設への誘導だけではない宿泊施設の確保と訪日外国人によるホームステイのニーズへの対応などを総合して検討する会となっています。

【参考サイト】民泊サービスのあり方に関する検討会

minpaku_minshuku_kyokai