二毛作民泊とは・意味

二毛作民泊とは、2018年6月に施行される予定の「民泊新法」において、民泊の年間営業日数が180日に制限されることに伴い、物件を180日間は民泊サイトで利用し、残りの日数は短期間の賃貸物件として運用するモデルを表す言葉として使われています。Airbnb、Agodaなどの民泊サイトの他、マンスリー賃貸サイトへの物件掲載によって集客運用することで高収益化を見込むことができるとして注目されています。

【関連項目】二毛作民泊に関連する記事一覧
【関連項目】ハイブリッド運用に関連する記事一覧

二毛作民泊の最新情報

ハイブリッド運用の最新情報

民泊関連用語の一覧