国家戦略特区とは・意味

国家戦略特区とは、2013年(平成25年)に第二次安倍晋三政権が経済成長を目的として創設した特区をいいます。政令指定都市を始めとする大都市やその他特定の地域の経済活性化を促進すべく、特区に指定された地域では税制優遇や金融緩和、規制緩和が行われます。国家戦略特区における規制改革のテーマは、規制改革メニューという項目としてリストアップされており、2016年4月現在、都市再生・まちづくり、起業・開業、雇用、医療、歴史的建造物、外国人材の活用、農林水産業、教育、保育、近未来技術、その他(全国措置)に分類されて、規制改革の促進が図られています。

minpaku_minshuku_kyokai