インバウンドとは・意味

インバウンドとは、「入ってくる」「内向きの」などを意味する言葉で、訪日外国人旅行客または訪日旅行を指します。観光庁の調査によると、2015年の訪日外国人旅行客は1973万人で、2014年からの伸び率は43%にもなりました。政府は2020年に日本に訪れる外国人旅行客数を年間2000万人としていましたが、目標を大幅に引き上げ、4000万人としました。民泊に関しては国家戦略特区の施策が行われ住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行が決まるなど、インバウンドの増加が新たな社会現象を生み出しています。

その他の民泊用語を知る

minpaku_minshuku_kyokai