ホスピタリティテックとは・意味

ホスピタリティテックとは、「ホスピタリティ」と「テクノロジー」を掛け合わせた言葉で、AI(人工知能)やビッグデータ、IoT(Internet of Things)テクノロジーの活用により宿泊・旅行・輸送などを含むホスピタリティ業界全般にもたらされるイノベーションのことを指しています。ホスピタリティ・テックの具体例としては、ビッグデータを活用したホテル業界のスマートプライシング(宿泊料金の自動最適化)、自動で鍵を開閉するスマートロック、IoTを活用したスマートホステル、AIチャットボットによるゲスト対応サービスなどが挙げられます。旅館を中心とする日本の伝統的な宿泊業界は事業者の高齢化ともあいまってIT化が遅れており、ホスピタリティ・テックの進展によるイノベーション余地は大きいと考えられています。テクノロジーを活用した観光産業の活性化、労働力不足の解消など様々な領域にビジネスチャンスが存在しています。

民泊関連用語の一覧