ホームステイ型民泊とは・意味

ホームステイ型民泊とは、家主が居住している状態で住宅の一部を有料で貸し出すスタイルの民泊のことを指します。住宅宿泊事業法においては「家主居住型」と定義されています。ホームステイ型民泊は、民泊投資により利益を生み出すことよりも、宿泊に訪れる外国人ゲストとの異文化交流を目的として民泊運用をしたい方に向いています。住宅宿泊事業法下ではホームステイ型民泊であったとしても届出をする必要はあり、年間営業日数は180日までと定められています。

民泊関連用語の一覧