DMO(Destination Marketing/Management Organization)とは・意味

DMOとは「Destination Management/Marketing Organization」の略称で、旅行者の目的地となる地域が一体となって観光をマネジメントする目的で形成される組織体を指します。DMOは、マーケティング戦略の構築、地域産品や地域のブランディング、サイトやSNSなどのウェブプラットフォームを利用したプロモーションなどを行うことで、地域の魅力を高め、伝える役割を担い、観光客を呼び込み、地域経済を活性化させます。

近年、日本では地域観光に関して、農林漁業、商工業、環境、文化、スポーツなどの事業者、交通事業者や飲食店、地域行政と地域住民が一体となった活動が十分に行われていないために地域経済が満足に活性化されていないことが課題とされており、国土交通省では欧米で普及しているDMOの考えを取り入れた日本版DMOを推進してきました。そして、観光庁は2015年11月より日本版DMOの登録制度を作り、12月より登録申請を受け付けています。

具体的な運用は、日本版DMOの候補となる法人が観光庁に日本版DMO形成に関する計画を作成し、地方公共団体と連名で提出後、登録が許可された法人に対して関係省庁連携支援チームが支援するという形式で行われます。各DMOは(1)複数都道府県にまたがる区域、(2)複数の地方公共団体にまたがる区域、(3)基礎自治体である単独の市町村という3つの区分に応じて、それぞれ、広域連携DMO、地域連携DMO、地域DMOとして活動を行います。

minpaku_minshuku_kyokai