ADR(Average Daily Rate:平均客室単価)とは・意味

ADRとは、「Average Daily Rate」の略で、平均客室単価のことを指しています。客室全体の売上を販売した客室数で割った値で、客室1室あたりの販売単価を意味します。ARR(Average Room Rate)と言われることもあります。ADRはホテル業界の専門用語ではありますが、民泊運用においても重要な指標となります。自身が運用する物件の周辺エリアのADR相場を知っておくことは、宿泊価格を設定する際の参考となります。

minpaku_minshuku_kyokai