【最新版!2017年1月1日時点】東京都の民泊・Airbnb件数・稼働率・宿泊単価

ここでは、2017年1月1日時点のBnB Insight最新データに基づいて、東京都の民泊・Airbnbの掲載件数や稼働状況などを簡単に分析、ご紹介していきます。

東京では、昨年12月に新宿区が民泊にして新たに区独自のルール作りを始めると発表するなど、東京ならではのユニークな動きが出てきています。今年の通常国会に提出される予定の民泊新法では、自治体の条例によってどこまで新法への上乗せ規制ができるかは未だ不透明ではあるものの、新宿区の吉住区長は、政府の主導する地方創生型民泊と、新宿のような都市部の民泊は全く異質であり、独自に都市型民泊ルールのモデルケースを作っていきたいとの意向を示しており、今後も他の自治体で同様の動きが出てくるかもしれません。

それではさっそく東京都の最新の民泊状況について見ていきましょう。

東京都のAirbnb掲載件数

2017年1月1日時点での東京都内の掲載件数は、前月比103.7%増となる16,320件でした。地区別に見ると、最も多いのが新宿区で3,451件、次いで渋谷区が2,245件、港区が1,296件、台東区が1,284件となっています。

掲載件数が100件以上の地域で前月比が一番高かったのは115%増となる北区で315件、次いで千代田区が110.7%増となる250件、台東区が109.5%増となる1,284件、文京区が108.8%増となる286件となっています。

東京都のAirbnbホスト数

2017年1月1日時点での東京都内のAirbnbホスト数は前月比100.3%増となる7,210名でした。地区別に見ると、最も多いのが新宿区で1,632名、次いで渋谷区で1,332名、港区が828名、台東区が670名となっています。

東京都のAirbnb稼働率

2016年12月の東京都のAirbnb稼働率は前月比3%増となる65.4%でした。地区別に見てみると、最も稼働率が高かったのは目黒区で74.8%、次いで渋谷区の74.2%、港区の68.5%、新宿区の67.9%と続きます。

東京都の想定宿泊単価

2016年12月の東京都のAirbnbの想定宿泊単価は前月比1,184円増となる14,552円でした。地区別に見ると、最も想定宿泊単価が高かったのは中央区で17,832円、次いで港区の17,285円、渋谷区の17,246円と続きます。

※想定宿泊単価の定義:BnB Insightでは、ホストが設定した宿泊料金に加え、追加人数設定および追加料金、そして清掃料金を加味したうえで想定宿泊単価を設定しています。そのため、全体的にAirbnbリスティングページの右上に記載されている宿泊料金よりも高くなる傾向があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今年は民泊新法の行方が最も気になるところですが、加えて他の自治体に先駆けていち早く特区民泊を導入した大田区が、大阪市などと同様に宿泊日数制限を2泊3日へと緩和する条例改正を行うのかについても注目です。また、昨年末には23区の中でも特に旅館業法取得が難しいと言われていた渋谷区でも、簡易宿所のモデルを活用した合法民泊の許認可事例が生まれるなど、新たな動きが出てきつつあります。東京五輪が開催される2020年までに訪日外国人4,000万人という目標を達成するためには、東京においても民泊が宿泊インフラとして整備されていくことは欠かせません。今年の自治体や企業の動きに期待したいところです。

さらに詳細なデータについては、下記より最新版の東京都の地域別レポートをお求めください。Airbnb想定売上上位リスティングのURL一覧なども掲載しており、より具体的かつ詳細な分析ができるようになっています。

【転載元】BnB Insight「【最新版!2017年1月1日時点】東京都の民泊・Airbnb件数・稼働率・宿泊単価」
【参照サイト】BnB Insight

(MINPAKU.Biz 編集部)