Airbnb・民泊データ分析サービスのまとめ・比較

work_43

民泊運用を成功させるうえでとても重要なのが、データに基づく意思決定です。「このエリアで物件を民泊運用した場合、どの程度の稼働率と収益が見込めるのか?」「稼働率を上げるためには宿泊料金をいくらに設定すればよいのか?」「競合のリスティングと差別化するためにはどんなアメニティが必要なのか?」など、民泊運用においては正確なデータに基づく正しい意思決定を求められる場面が数多くあります。そこで役に立つのが、データ分析企業が提供している民泊データ分析サービスです。ここでは、MINPAKU.Biz編集部がおすすめする民泊データ分析サービスをご紹介します。

こんな悩みはありませんか?

民泊ホストの多くの方が民泊物件の購入時や、実際に運用を開始する際に、下記のような悩みを抱えています。

  • 自身の物件を民泊運用した際の収益をシミュレーションしたい
  • 民泊物件の選定にあたり、高い稼働率が期待できるエリアを知りたい
  • 競合物件の稼働率や価格戦略を分析して自身の物件の改善点を知りたい

上記の悩みに一つでも当てはまる方は、ぜひ民泊データ分析サービスを活用することをおすすめします。民泊データ分析サービスを用いて実際の民泊運用データを定量的に把握することで、より的確かつ効率的に民泊運用の戦略を考えることができるようになります。

民泊データ分析サービスとは?

民泊データ分析サービスとは、Airbnbをはじめとする民泊サイトに公開されているリスティングデータなどをクローリングし、グラフや表などを用いて見やすいデータとして提供するサービスのことを指します。データはレポートとして提供される場合、ウェブアプリケーションとして提供される場合など様々ですが、各地域の宿泊単価や稼働率、売上といった気になる情報を取得することができます。

民泊データ分析サービスを利用するメリット

民泊データ分析サービスを利用するメリットとしては、主に下記の3つが挙げられます。

  • 民泊運用する前に、収益予測が立てられる
  • 定量データに基づき、競合と差別化するための価格戦略が立てられる
  • 競合物件のデータと比較することで自身の民泊運用の改善点が見える

それぞれのポイントについて簡単に説明していきます。

民泊運用する前に、収益予測が立てられる

民泊運用を始める前に必ずやっておきたいのが、民泊運用時の収益シミュレーションです。ゼロから民泊を始める場合、物件の取得や契約、家具・アメニティの設置など様々な初期費用がかかります。また、運用開始後も光熱費やwifi料金など運用費がかかりますし、運用を代行会社に依頼する場合はさらに費用がかかります。

最初にしっかりとした収益シミュレーションをしておかないと、せっかく民泊運用を開始しても収益が出るどころか思わぬ赤字が続いてしまい、早期に撤退に追い込まれるリスクもあります。そして正確な収益シミュレーションをするためには、正確なデータが必要不可欠です。民泊データ分析サービスを利用して自身の物件の周辺エリアの宿泊単価や稼働率などをしっかりと把握することで、民泊運用時の収益を事前に予測し、運用するかしないかの意思決定や、収益最大化に向けたヒントを得ることができます。

定量データに基づき、競合と差別化するための価格戦略が立てられる

民泊運用において稼働率を高める上で鍵を握っているのが、宿泊料金の設定です。特に周辺に競合物件が多いエリアで民泊運用する場合、エリアの宿泊料金相場よりも安い宿泊価格を設定することで予約率を上げることができます。しかし、稼働率を高めるためにあまりに価格を下げてしまうと、売上の最大化にはつながりません。民泊運用の利益を最大化するためには、この宿泊価格と稼働率のバランスを考えつつ、柔軟かつ戦略的な価格設定を行う必要があるのです。民泊データ分析サービスを活用することで、周辺エリアの競合物件がどのような価格設定をしているのかを詳細に把握することができます。

競合物件のデータと比較することで自身の民泊運用の改善点が見える

民泊運用の稼働率を左右する要素は、価格以外にもアメニティの充実度やレビューの獲得状況など様々です。民泊データ分析サービスを利用することで、自身の周辺エリアの物件がどのようなアメニティを設置しているのか、どの程度レビュー集めており、どのような評価を受けているのか、などを定量的に把握することができ、差別化すべきポイントが明確になります。稼働率を上げるためには、自身の物件のボトルネックをつぶすことが最短の近道です。立地や住所、物件タイプなどは変えられませんが、アメニティやレビューなどは努力と投資次第で十分に改善可能なポイントとなります。ぜひ民泊データ分析サービスを活用して自身の物件の強みと弱みを把握し、改善につなげましょう。

おすすめの民泊データ分析サービス一覧・まとめ

現在日本には数多くの民泊データ分析サービスが存在しています。ここではその中でもMINPAKU.Bizがおすすめする代表的なサービスをご紹介します。民泊運用をご検討中の方はぜひ参考にしてください。

BnB Insight

bnbinsight

BnB Insight は、ビッグデータ分析を手がける株式会社ゴーリストと日本最大級の民泊情報サイト「MINPAKU.Biz」を運営するハーチ株式会社・株式会社オックスコンサルティングが提供している民泊データ分析サービスです。WEB上に公開されているデータの収集だけではなく、実際に民泊運用されている300物件以上のリアルな稼働・売上データに基づき、稼働率や平均宿泊単価、想定売上など肝となるデータの精度向上を図っている点が強みです。また、Airbnb以外の4サイトのデータ提供、レビューテキストデータなど他社にはないデータの提供も行っている点も特徴です。半径エリア指定をすることで競合物件の詳細な稼働・売上・アメニティデータや売上上位リスティングURLリストが手に入る競合リスティング分析レポートや、購入後に自由な切り口でデータ加工が可能なローデータ納品サービスが好評で、民泊事業への参入検討中の大手企業を中心に導入が進んでいます。

※MINPAKU.Biz限定!地域別レポートの20%割引クーポン配布中!→詳細はこちら


Search BnB

searchbnb

Search BnB は、Airbnb全件のリスティングデータを分析できる民泊データ分析サービスです。指定エリア、指定条件に合致するリスティングの平均宿泊料金や稼働率などを自由に分析できるほか、初期費用の回収期間が分かるリスティングの利益シミュレーション、AirbnbのリスティングURLを入力するだけで周辺エリアの競合物件と比較した際の自身のリスティングの強みと弱みが一目で分かるリスティング分析など、機能が充実しています。民泊関連のニュースやノウハウ配信も行っており、初月は1ヶ月間無料で利用可能です。非常に見やすいインターフェースで使い勝手の良いサービスです。


エアビーデータバンク

AirbDatabank

エアビーデータバンクは、合同会社はりうすが提供するAirbnbデータ分析サービスです。AirbnbのリスティングURLを登録するだけで周辺エリアの宿泊料金や稼働率などを分析できる機能や都道府県別、主要市区町村別のデータが見れる機能がついたダッシュボードを提供しており、無料プランも用意されています。また、住所を入力するだけで周辺データに基づいて価格設定の助言をしてくれる「価格師匠」などユニークなオリジナルサービスもあり、Airbnbデータ分析の先駆けとなるおすすめのサービスです。


AirDNAジャパン

AirDNAjapan

AirDNAジャパンは、米国カルフォルニアに本拠を置くAirbnbデータベンダー世界最大手「AirDNA」の日本版で、日本ではジェイピーモバイル株式会社がサービス提供しています。過去1年以上のデータ保有や、独自アルゴリズムに基づく正確な稼働率予測、投資銀行や戦略コンサルティング会社出身者によるアドバイスなどを受けられる点が特徴です。特にAirbnbの掲載件数が多い東京都・大阪府のマーケットレポートを提供しており、カスタマイズレポートの提供もしています。


AirLABO

AirDNAjapan

AirLABOは、株式会社3rdgeneが運営するAirbnbデータ分析サービスです。日本全国のAirbnbリスティングデータを都道府県・市区町村別・路線別に詳細に分析することが可能です。エリア別の掲載件数はもちろん、稼働率と平均宿泊料金に基づく収益予測データを確認できるほか、管理物件数に基づくAirbnbホストのランキングも見られます。全てのサービスを無料で利用できる点も魅力です。

MINPAKU.Bizおすすめの民泊関連ソリューション

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめのサービスを厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

民泊WIFIはJPモバイル

jpmobile_reco通信制限なし!契約期間なし!初期費用なし!月額3,480円で使える民泊専用WIFIの決定版

民泊物件探しは民泊物件.com

minbutsu_reco国内最大級の民泊・転貸許可物件紹介サイト。掲載件数2,000件以上。非公開物件メール配信

民泊データはBnB Insight

bnb_recoAirbnb・民泊データ分析の決定版。民泊物件の収益予測、競合物件の稼働率・売上が丸わかり

minpaku_minshuku_kyokai