民泊清掃代行会社を利用するメリット・デメリット

room_252

民泊清掃代行会社は、民泊運用を長期的に成功させるうえで欠かせないパートナーですが、一方で予期せぬトラブルが起こることもあります。ここでは、民泊運用における清掃業務を代行会社に依頼するメリットとデメリットについてご紹介します。

民泊清掃代行会社を利用するメリット

民泊清掃代行会社を利用するメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 清掃の手間がかからない
  • 消耗品の補充もしてもらえる
  • 清掃品質が高いとゲストレビューの高評価につながる
  • リネンを無料で貸し出してくれる場合、初期費用を抑えられる

清掃の手間がかからない

やはり何といっても清掃代行会社に依頼する一番のメリットは、ゲストチェックアウト後の毎回の清掃の手間がかからないという点でしょう。民泊ホストの方には、最初は自分自身で清掃を行う方も多いのですが、ほとんどの方は最終的に清掃代行会社への依頼へと切り替えます。民泊ゲストの部屋の散らかし方やゴミの量は想像以上で、稼働率を上げれば上げるほど清掃にかかる負担は大きくなっていきます。特に手の抜けない水回りの清掃やベッドメイキングまでしっかりやってくれるとなれば、多少費用を払ってでも清掃代行会社に依頼したほうが長期的な民泊運用を考える上では賢い選択だと言えます。

清掃以外の業務もお願いできる

民泊清掃代行会社のよいところは、清掃業務だけではなくリネンの無料貸し出しや消耗品の補充・購入代行、電球・電池の取り換え、チラシ廃棄、忘れ物の保管など、細かい点まで気を配った対応をしてくれる点です。

清掃品質が高いとゲストレビューの高評価につながる

清掃品質が高ければ自然とゲストの満足度は上がり、高評価のレビューとなって自身の物件に跳ね返ってきます。高評価レビューの多い物件は予約率も上がり、結果として稼働率が高まって収益が最大化して更にアメニティに投資できるようになるという好循環が生まれます。民泊運用で長期的に収益を上げていくためには、常に高い清掃品質を保ち、ゲストからの高評価レビューを獲得し続けることが欠かせません。その意味でも、清掃代行会社はとても重要な役割を担っているのです。

リネンを無料で貸し出してくれる場合、初期費用を抑えられる

民泊清掃代行会社の中には、シーツは枕カバーといったリネン類を無償で貸し出してくれる会社も存在しています。リネンの無償提供に対応している会社の場合、自身でリネン一式を取り揃える必要がありませんので、そのぶんの初期費用を大幅に抑えることができます。特にベッド数が多い大きめの部屋で民泊運用を考える場合、シーツ類のコストはベッド数や交換分も含めて揃えるとかなり費用が高くなりますので、とてもありがたいサービスです。

民泊清掃代行会社を利用するデメリット

上記のように民泊清掃代行会社の利用には様々なメリットがある一方で、デメリットも存在しています。代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 清掃費用がかかる
  • 任せきりが大きなトラブルを招くことも
  • 清掃代行会社によって品質にばらつきがある

清掃費用がかかる

当然ながら、清掃代行会社に依頼すると場合は清掃費用がかかります。民泊運用に係るコストのうち、清掃にかかる費用の比率を下げるためには、できる限り宿泊日数の長いゲストの予約を獲得する必要があります。月の清掃回数はゲストの宿泊組数によって決まりますので、ゲスト一組あたりの宿泊日数が長ければ長いほど、清掃回数を減らすことができ、結果として利益率を高めることができるようになります。その逆に、1泊2日のゲストなどを数多く迎えてしまうとそのたびに清掃費用がかかってしまうため、このあたりはAirbnbなど民泊サイトの最低宿泊日数などを上手に調整しながら予約を埋めていく必要があります。

任せきりが大きなトラブルを招くことも

民泊清掃代行会社に任せきりにしてしまうことが、大きなトラブルを招くこともあるので注意が必要です。清掃代行会社にまつわるトラブルとしてよくあるのは「清掃指定日に清掃に行くのを忘れていた」「清掃しに行ったらゲストがまだ部屋にいてトラブルになった」「清掃したと報告を受けたのに清掃しに行っていなかった」「清掃品質が低すぎて、ゲストからクレームが来た」などなどです。民泊運用においてはこうした一度のミスが命取りになりかねませんので、清掃代行会社に依頼する場合でも、毎回約束通りにしっかりと清掃が行われているかを確認できる体制を整えておきましょう。また、民泊運用代行会社に清掃の手配も合わせてお願いしている場合は、運用代行会社の担当者が清掃手配をミスする可能性もありますので、そちらも注意が必要です。

清掃代行会社によって品質にばらつきがある

清掃代行会社に依頼する上で一番難しいのは、会社によって清掃品質に大きなばらつきがあるという点です。そして、この清掃品質については、いくらウェブサイトに記載されている情報を見たところで、実際に一度依頼をし、清掃をしてもらわない限り本当のことは分かりません。そのため、複数の物件を民泊運用している方の場合、まずは一つの部屋の清掃をお願いしてみて、実際の清掃品質を確かめてから徐々に部屋数を増やしていく方もおられます。

大事なのは信頼できる代行会社を出会うこと

上記のように民泊清掃代行会社の活用にはメリット・デメリットがありますが、一番大事なことはなんといっても信頼できる代行会社に出会うことです。ぜひホストの皆様の物件があるエリアに対応可能な納得のいく民泊清掃代行会社に依頼しましょう。

MINPAKU.Bizおすすめの清掃代行会社

MINPAKU.Biz 編集部が、民泊運用に役立つおすすめの清掃代行会社を厳選ピックアップし、ご紹介しています。民泊ホストの皆様はぜひご活用ください。

My Cleaners

mycleaners_reco初期費用や清掃費用、ホスト側の手間を最大限抑えたい方におすすめです。

CatHand

cat_reco広いお部屋でも低価格!しかも繁忙期の年末年始でも特別料金がかからないのは魅力です。

ピナイ家政婦サービス

pinai_reco清掃スタッフが全員英語が話せるフィリピンの方!清掃中の急なゲストの来訪も英語で対応可!

(MINPAKU.Biz 編集部)

民泊・Airbnb清掃代行会社に関する他のページを見る

minpaku_minshuku_kyokai